にがりの効果最新の記事

にがり効果について

最近話題になっている"にがり"は海水を濃縮したときの塩を除いた残留物であり、その主成分は塩化マグネシウム(塩)です。最近になって発見されたものではなく、昔から豆腐を作るときの凝固剤に利用されてきました。

最近テレビや雑誌などにとりあげられ、にがりやマグネシウムに「ダイエット効果」があるらしいのですが、定かではありません。にがりを飲む事による効果としては免疫や代謝を高め病気にかかりにくくなるともいわれています。現ににがりで改善されるといわれる症状は便秘やダイエットのほか、花粉症やアトピーなどのアレルギー、シミやそばかすなど、免疫が弱い人ほどかかりやすいものがおおくあります。

また、風邪をひてしまっては治せませんが風邪をひきにくくすることはできます。ダイエット基礎代謝促進(マグネシウムが筋肉活動を活発にする)アレルギー症状予防改善(花粉症)歯周病の予防改善便秘改善 (マグネシウム)美肌効果骨の強化生活習慣病予防など"にがり"に効果があるといわれる症状は実にたくさんあります。

現代病との関わりが深いミネラルを豊富に含んだにがりですが、そういったことが分かったのはつい最近のことです。昔から豆腐の凝固剤として使用されてきた"にがり"ですが、むくみ・花粉症・高血圧・骨粗鬆症・糖尿病などの改善にも効果あるといわれています。「にがり」は、味噌汁やお茶・コーヒーなどに1滴入れて飲む、ご飯を炊くときにお米1合に対して1滴入れ炊く、など少量の摂取をおすすめします。

 

 お悔やみの電報(弔電)  スプリングコート  リストラ対策

にがりの効果について

にがりにはマグネシウムが筋肉活動を活発にすることによるダイエット効果のほかに、アレルギー症状予防改善、歯周病の予防改善、便秘改善 、生活習慣病予防などの効果があるといわれています。
カテゴリー
更新履歴
にがり効果について(2009年9月 7日)
にがりのダイエット効果(2009年9月 7日)
にがり効果(2009年9月 7日)
にがりの摂取と効果(2009年9月 7日)